ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【タバコレビュー】 缶ピース

f:id:hiropones:20171209164251p:plain



はい、ど~も~。


今回は缶ピースの紹介であります。
「探偵はバーにいる」の大泉洋や落語家の桂歌丸が吸ってたイメージ。
タール28ミリ、ニコチン2,3ミリ、1250円。50本入り。


上質なバージニア葉を使用してる、両切りタバコ。
両切りな上に、タール値もJTの中でマックスなので、非常に吸いにくいです。上級者が吸えばこれ以上ないと感じるそうですが、素人が吸うと強いだけのおっさんたばこになるという、諸刃の剣なタバコという印象。


また、中身はピース(10)と同じだが、缶に入ることで風味が抜けにくくなってます。でも、50本入ってるんで、早めのペースで吸わないとしけります。


味ですが、吸い方によって天国にも地獄にもなります。
私は、未だにうまく吸うことが出来ないので、あまりいいとは思いません。

シリーズには、6・10・21ミリがあります。
(10⇒21ってずいぶん飛ぶな)

あと、JTマックスなだけあって肺にきます。
大トロやステーキなど、美味いものは体に悪いと言いますが、これもそれに洩れず寿命は縮むと思います。


くどいようですが、缶に入ってるといえど50本と本数が多いので、早めに吸わないと最後の頃は風味が落ちてきます。(天才薄明というやつか?)

JTの最高傑作・日本たばこの王者と名高いですが、吸うものを選ぶタバコだなと感じました。