ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

waykisのCDレビュー

はい、ど~も~。

この前、大宮駅を歩いていると外人の慈善寄付を装った詐欺女にしつこく声かけられました。
去年、成田駅でも声かけられたし、なんなんでしょうか。

今回はそんなんじゃなくて、駅前でペルー人がCD売ってたんで、物珍しさに近寄った話。

そもそも私、アンデス音楽が好きで家でもよく聞いてます。
なんで、上野公園などでたまにペルー人が演奏してると立ち止まって聞くわけです。

んで、「どんなCDおいてるかにゃ~」と物色。
するとおっさんが「これ、私が作曲したCDだよ~」
と話しかけてきた。

その後も、「兄弟が演奏してるんやで」だの、「韓国で演奏してきたんや」、などの話を
ふ~ん、ほえ~とてきとーに聞きながらCDの裏面の収録曲を見ること数分。

途中、知り合いのネパール人らしき男が通りかかり
「いい曲だよ~買っちゃえよ~ヘイメ~ン!」
みたいなことを言ってきたんで、買うことにしました。

「俺はマチュピチュ、ペルーから来た。
このCDには俺と兄弟と、そしてサンダーバードの魂が籠ってる。
・・・・だから2枚で4000円でどうだ?」

3500円ならええで~と言い、買って帰りました。

前置きが大分長くなりましたが、ここからが本編です。

まず一枚目が   ”LA RAYA”
f:id:hiropones:20180204214410j:plain
収録曲が
1、パン・チュタス
2、美しいゴンドリーナ
3、コリャスーヨへの道
4、私の歌
5、ペリカン
6、チューニョの花が咲くとき
7、紙への祈り、トウモロコシの種まき
8、あやまちの恋
9、ティワナクの風
10、アンデスの旅人
11、遠く離れた土地から
12、大きなアンターラ
13、ラ・ラーヤ
14、お別れの歌

聞いたことない曲ばかりですが、それもそのはず。
この兄弟が作詞作曲したオリジナル音楽らしいです。

で、正直「クソみたいな曲でもしょうがないか」と思ってたのですが
花まつりやコンドルは~などの有名な曲と比べても遜色ないクオリティーでした。

f:id:hiropones:20180204214439j:plain
一緒に貰った紙によると、クスコ出身の4人兄弟グループで
ペルーのTV・新聞・ラジオでも取り上げられてるらしい。
(ほんまかいな)

2枚目が  ”THE SECRET OF THE MOUNTAINS"
f:id:hiropones:20180204214459j:plain
1、白きバッファロー
2、タタンカ
3、親愛なる月
4、ラスト・モヒカン
5、フライング・コンドル
6、トロ・アラ
7、プカ・ウルク
8、フライング・イーグル
9、夢想の風
10、マウンテン
11、戦死
12、赤い角

こっちはヒーリング音楽で、寝る前に垂れ流すのがいいと思われます。


まとめ
TVとか雑誌とかで取り上げられてて有名な曲は買う気にならないが
現地販売で偶然見かけた曲はつい買ってみたくなる不思議。

今逃したら一生買わないかもしれない、という感じが好きである。