ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【タバコレビュー】 ピース・ライト・ボックス

f:id:hiropones:20180320174338j:plain



はい、ど~も~。


前にピースの紹介をまとめて、結構雑に感想を書きました。
(お前、いつも雑だろうが!!)

最近、ピースを買って吸ってるんで、せっかくなんでレビューを書きたいと思います。んで、自販機で買ったんですが、自分が買った後に売り切れが点滅しました。そういう時、なんとも言えない気分になります。



タール10ミリ、ニコチン1ミリ、500円。

上質なバージニア葉を使用。バニラタイプの香料が香りと深みを与えてるそうな。火をつける前はバニラのような独特な甘い香りがします。

f:id:hiropones:20180320201226j:plain
封を開けると、金色の銀紙が箱の紺色と相まって高級感を出してます。

で、フィルターが他と少し違うのか、少ししっとりしてます。
香り・デザイン・その他諸々、貴族が吸うようなイメージを連想させます。


味に関しては、丁寧に吸うとバニラ系の深い味わいがします。雑に吸ってもバニラです。(どないやねん)



んで、基本ピースは缶ピースとかのイメージで
「いやいや、どうせキツイっしょ?」
「つか、ピースとかおっさんじゃね?マジウケるんすけど!」

という人が多いと思います。多分、JTはそういう人たち向けにピース入門向けとも言えるこのタバコを開発したんではないでしょうか。じゃなきゃ、今まで高タール・高ニコチンを貫いてきたピースが、その伝統を自ら打破した理由が分かりません。


あと、よくピース以外のピースは味が落ちるとか、両切りじゃないとあかん、という人がいるが、私には違いが分からない。