ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【タバコレビュー】 マルボロ・ゴールド(金マル)

f:id:hiropones:20180322154711p:plain



はい、ど~も~。


なんと、本日4本目の投稿です。
もはや、ブログ界の新妻エイジみたいになっております。

「しゅぴーん!!服部さーん。アイデアが泉のように止まらないです!!ずしゃぁぁ!!どしゃぁぁ!!ずばばばばばぁぁぁ!!」
(夜中に一人で何書いとるんだ、わしゃあ)



・・・はい。今回は金マルの紹介であります。

タール6ミリ、ニコチン0,5ミリ、510円。
ダウンタウン浜田(前)やバナナマン設楽が吸ってるイメージ。


タバコ店「さくらんぼ」さんによると

1885年、イギリスで女性愛煙家向けのたばことして発売。 名前の由来はイングランドの貴族とその領地の名前であった“Marlborough” から採ったと言われています。
“男のたばこ”に転身したのは1954年で、赤いルーフトップのデザインとなり、以後シンボルマークとなりました。

と書かれてました。以外や以外、女性向けだったんですね。




味ですが、甘み・苦みが半々くらいで、クセが無かったです。
メビウスは甘みの方が強いですが、こっちは全体的に同じ強さです。

日本でいう所のメビウスって感じですかね。フィルターは固いやつなんで、他のタバコと比べて煙が入ってきやすいです。初心者向けに作られた印象ですね。


今や、アイコスよりも紙巻のマルボロの方が高くなってしまいました。「加熱式に移行しろ、このクズども!」というモリスからのありがたいメッセージだと思います。確かに、同じマルボロならアイコスの方が臭いや煙がカットされるんで、そっちのがいいんじゃね?と思いました。