ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

独断で月刊まんがライフに載ってるマンガをランキング付けしてみた

はい、ど~も~。


3度の飯より4コマ漫画が好きな小生です。

ってことで、今回はセブンで何となく買った「月刊まんがライフ」に掲載されてる23個のマンガを勝手にランキング付けしていく企画でありやす。
あと、独断と偏見でやってるので、ご了承くだせえ。

f:id:hiropones:20190129214008j:plain
ちなみに、竹書房の4コマでは「幕張サボテンキャンパス」というマンガが一番好きである。ブックオフで108円で売ってるんでオススメ。

f:id:hiropones:20190131164824j:plain
23位~11位まではどれも似たり寄ったりで、順位が決められなかったんで、感想だけ書いてきます。んで、390円という大金を出して買ってるんで、辛口な意見になってますがな。


NO23→11!!
お姉ちゃんが来た
再婚してできた姉と弟の話。いかにもオタクっぽい感じの話。なんといっても姉の顔が可愛くない。話は可もなく不可もない感じで、金を出してまで読む価値は無いと思えた。


「夜のメイドさん
メイドの幽霊と少年の生活を描いた、これまた童貞の妄想をマンガにしたような話。これも、自分で金を出してなけりゃ間違いなく読み飛ばすレベル。


「眠り姫と起こさない王子」
マンガ好きなオタク高校生男子が授業中に書いたようなマンガ。それ以上でも以下でもない。


「不適合者」
作者がマンガ家となんかするという実話?マンガ。低レベルな争いを繰り広げる辺りが「ピューと吹くジャガー」のピヨ彦とハマーみたいで少し面白い。10位にしようか迷ったが、まあ11位くらいかなあ。


「成仏するにはまだ早い!」
女子高生のほのぼのマンガ。1ページに4コマしかないし、話が4コマ完結じゃなくて続くタイプのマンガなんで、手抜きのマンガに見える。トイレの花子さんが可愛かったくらいで、他はおもんなかった。


「わくわくワーキング」
リーマン漫画。会社員が読むと面白いと思うの?にしても、おもしろくない。

「ななこまっしぐら!」
おっさんとそれに何故か恋してるかわいこちゃんの話。コミケとかにいそうな、いかにもな見た目のおっさんに、なんでこの子が恋すんの?と思うと、面白さなど皆無。


「キャバはじめました」
キャバクラを舞台にした漫画。絵も下手だし、話も面白くない。それだけ。

「がーでん姉妹」
なんか、絵がウザい。


ぼのぼの
4コマ目にタヌキがラッコを殴るマンガ。ベテランの絵ってなんでこんなに汚いの?


「スパロウズホテル」
絵は好きだが、話が合わなかった。マンガは好みなんで、しょうがない。


フリテンくん
コボちゃんの作者が描く、コボちゃんっぽいマンガ。もはや、この人のマンガは面白いとかつまらないとか関係なく、あるだけで雑誌に4コマ漫画感がでる。


こっからが、ベスト10です。順位は1つしか違うけど、かなりその間には差があるとこもあるんで、文から読み取ってくだせえ。


NO10 「マンドラさんとヒト科たち」
10位に入りましたが、他がびみょー過ぎて10位に入ってしまっただけです。主人公がなんかウザくて読む気になりません。


NO9 「だめっこどうぶつ
これも同じで、正直立ち読みでいいレベルだと思いますた。


NO8 「だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!」
豊橋と言えば、東海オンエアと同じ愛知県。余談だが、初めて東海地方に来た時東海弁?で喋る人々の話を聞いてると、偽物の関西弁みたいに感じて心底「うぜえぇぇぇ!!」と感じた。


NO7 「アクスミ先生に聞いてみた」
毎回あるテーマについて先生に教えてもらうっつうマンガ。今回の改名については面白くなかったが、テーマによっては面白くなると思う。


NO6 「白衣さんとロボ」
かわいこちゃんとロボットの共同生活マンガ。いずれAIが進化して、一家に一台ロボットがあって当たり前みたいな、ドラえもんの世界が来るかもしれない。その時、こんな生活が待ってるんじゃないか?と世間にメッセージを送るという、作者の未来への挑戦が見え隠れする。(しないか)


NO5 「さかな&ねこ」
4コマが2つで8コマしかない、レアリティの高いマンガ。魚が猫に食われて終わるだけの話だが、これにも満たない話が溢れてたんで、面白く感じた。


NO4 「動物のおしゃべり」
動物と喋れる幼女とその家族の話。人間化した動物が何故か美男美女というトリッキーな展開。ほのぼのしてて、ボーっと読むのにちょうどいい。


NO3 thief
f:id:hiropones:20190131171026j:plain
女マンガ家とその家に侵入する男との恋愛4コマ。ほぼ少女マンガに近い。最初は絵が好みじゃないし、ありきたりな展開でハマらなかったが、読み終わるころにはおもっくそハマっていた。限られたコマ数でこれだけ話を詰めれるところに、作者の力量の高さを感じた。


NO2 旅するように暮らしたい
f:id:hiropones:20190131165836j:plain
ラブラブ兄妹が、自由を求め、旅する話。ただのイチャイチャするだけのくだらない恋愛マンガと違って、これから先の見えない自由と希望、そしてワクワクが見て取れる。
「好きなものを無理やり我慢するほどの価値が人生にあると?」
と、割と考えさせられる言葉が載っている。


NO1 めんつゆひとり飯
f:id:hiropones:20190131165124j:plain
最近、飯食うだけの中身空っぽのマンガが流行ってるんで、あんまり期待してなかった。ただ、この漫画は料理はおまけみたいなもんで、メインは人間のやり取りなんで、一安心。今回は無口な女社長と平社員の話なのだが、ほのぼのした中に、得体のしれない面白さがある。単行本を買うほどハマってしまったが、そっちも面白かった。
(それの感想は別の記事に書きたい)