ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

4コマ漫画「めんつゆひとり飯」がマジで面白い件

f:id:hiropones:20190131170201j:plain



はい、ど~も~。


新聞のテレ欄の次ページに載ってたり、コンビニの雑誌コーナーに「これ一体誰が買うねん?」って感じで置いてある4コマ漫画。今回はそんな、いまいち注目されない4コマ漫画を勧めていく企画第1弾であります。


記念すべき1回目は、「めんつゆひとり飯」!!!


4コマの聖地、”竹書房”から出てるマンガで、750円+税。ちと高いっす。この作者の瀬戸口みづき氏は「ローカル女子の遠吠え」という静岡県を舞台にした4コマも書いていて、そっちも面白いです。


主人公は表紙の面堂露(平社員・独身)。超めんどくさがり。
基本コメディタッチぷらす、1話に1品めんつゆを使ったお手軽料理が紹介されるんで、笑いと生活の知恵が得られるというお得性があります。


んで、この作者あるあるなんですけど、話しのつくり方やギャグに独特のセンスがあって、ハマる人は強烈に引き込まれる世界観になってます。


登場人物も魅力的で、社長秘書で料理が得意+露の頭の中に出てきて料理のアドバイスをする”十越いりこ”
f:id:hiropones:20190201172535j:plain

炭水化物と肉が大好きな糖尿病まっしぐらな主任”保ケ辺勉”f:id:hiropones:20190201172603j:plain

保ケ辺に恋する、少しめんどくさい子”白田舞”f:id:hiropones:20190201172635j:plain

宝塚風の見た目で無口な”社長”(名前が出ていない)f:id:hiropones:20190201172708j:plain

露の愛犬”リュウ”
f:id:hiropones:20190201172742j:plain
濃いキャラたちがいい具合の化学変化を起こして、いい味出してます。


「おいしんぼ」とか「ミスター味っこ」に出てくる料理って、美味しそうでも作るのがめんどくさそうだったり、不可能だったりします。が、この漫画にはレトルトの海軍カレーとかケンタッキーとか買えるのが出てくるんで、精神面にも優しいでござんす。


これほど面白いマンガに出会ったのは「同居人が不安定でして」以来なんで(誰がわかるんだろうか)、オススメであるよ。