ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【代官山】ひろゆきのトークショー&サイン会に参加してきた感想

f:id:hiropones:20190329203829p:plain



はい、ど~も~。


3月4日に代官山蔦屋で行われた、ひろゆきのトーク&サイン会に参加してきました!ひろゆきがサイン会するなんてかなり珍しいんで、これが最後のチャンスかもしれないと思い、ソッコーで申し込みました。

今回は、その時の模様をお届けしたいと思います!


・男ばかりのむさくるしい会場

めちゃくちゃ久しぶりに代官山に行きました。その日は雨だったんですが、夜には止んでました。TSUTAYAまで歩いていったんですが、やっぱりオシャレな店が多いですね~。女性に人気な訳が何となくわかります。で、店に着いて店員の人に予約番号を伝え、整理券を受け取りました。どうやら、会場は2階とのこと。そんで、15分ほど前に到着したんですが、すでに列ができてました。男女比は9:1くらいで男が多かったす。いや、アイドルの握手会かよ!私は、渡されたばかりの本を読んで待ちました。

・もはや伝統芸の”遅刻”

イベント会場では5人座れる長椅子がいくつかと、パイプ椅子が並んでました。んで、私は真ん中辺りに座れました。しばらく本を読んで待ってると、スタッフの人が前のテーブルに二人分のビールを用意してます。「お!いよいよ来るのか!」と、初めて見る生ひろゆきに胸を躍らせます。

それからしばらくして、またスタッフの人が現れてぽつり。

・・・ひろゆきさん遅れております。


生遅刻ひろゆき、きた~!!
ここでこんな伝統芸が見れるなんて、いや~、来てよかった!会場の人々も、笑ってました。てか、遅刻が当たり前と認識されてるって、どないやねん。

・ビール飲んでだらだら喋るおっさん

そんで、5分くらい遅れて到着した4chanの管理人。後ろからヌルっと登場しました。ビビるくらいYouTubeで見るひろゆきそのまんま。いい意味で全くオーラが無かったです。


司会役の人が質問して、ひろゆきがそれに答えていくんですが、聞いてる内容がひろゆきファンなら知ってることばかりでした。まずは、自販機で飲み物を買ったことが無いという、古典落語から始まり、今の金持ちと庶民が見れるエンタメの最高値は同じ話、スイスのサイトでは映画がタダで見れる話、アメリカの株を買うのはビミョーじゃね?という話に及びました。

で、ビールを飲んでYouTubeの如くだらだら喋り、スタッフが代わりを用意します。それを見て、「ここ無限にビール出てくるんすねw」とご満悦のひろちゃん。酔った状態でも頭の回転は速く、ずっとペラペラと話し続けてました。

・長い質問コーナー

割と早めにトークは終わり、その後質問コーナーになりました。内容的には、YouTubeのチャンネルで質問されてるようなものでした。1人が立て続けに何度も質問する場面があり、あれはどうにかした方がいいんじゃね?と思いながら聞いてました。あと、会場が暑くて内容があんまり頭に入ってきませんでした。



・憧れの人物にサインを書いてもらう!

んで、最後にサイン会。その前にトイレに行く未来検索ブラジル代表。ビール飲み過ぎやろ!私は、前にでんぱ組の最上もがのサイン会に行ったことがあるんですが、その時はめちゃくちゃ緊張しました。でも、今回はそれがありません。いつも会ってる友達にサインをもらう気分です。これぞ”ひろゆきマジック”でしょうか?

サイン待ちの列から、立っているひろゆきが見れます。私は、クロックスを履いてたんですが、彼もクロックスでした。オシャレの街”代官山”ですよ?ここ!?で、173cmあるのか見てたんですが、本当にそれ位でした。そして、私の順番が来ました。目の前に、あの憧れのおっさんがいます!お辞儀すると、お辞儀して返してくれます。基本、人を見下しているそうなのに、腰が低いという、全くもってよくわかりません。

間近で見ると、結構白髪がありました。本当に白髪染めしないようです。富豪なのに、金持ってる雰囲気が皆無です。「ひろゆき」という文字の後に何か書いてますが、よく分かりません。貰った後に見ると「」でした。いや、字ぃ雑かよ!


・あっという間に終了、そして感想

サインを貰えばすぐに帰っていいのですが、何故か皆さっきの椅子に座ってます。それを見て、ひろゆきが一言。


待っててもなんもないっすよw

本当に何もなく、ひろゆきが会場の横のしきりから出ていき終了。予定時間よりも少し早めに終わりました。代官山駅へ向かう帰り道、「東京の近くに住んでて良かったぜ!」と初めて思いました。いうて、千葉なんで1時間以上かかるけどね☆
f:id:hiropones:20190329204119p:plain
f:id:hiropones:20190329203935p:plain
家に帰ると、なんとも言えない気分になりました。「本当にあの時はあったんだろうか?」という、ビミョーな気分。「あれは全部夢の中の出来事で、実際は無かったんだよ」という虚無感の様なものにたまに襲われます。でも、今回は本当だったということを、本に書かれた雑なサインを見て思いました。