ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【決定版】高卒認定に一発合格するためのオススメ勉強法!

f:id:hiropones:20190408171734j:plain



はい、ど~も~。


私は高校を中退してます。で、その理由が「1人で家で受験勉強してた方が効率よくね?」って思ったから。あとは、ゴミみたいな高校生活がたたって辞めたかった、ってのもあります。(詳しくはプロフィールを見てね!)そんで、高3の夏に初めて高認の試験を受けて1発で合格したわけです。


んで、試験自体は簡単ですけど、8科目とか受けなきゃならないんで、結構大変だったりします。なんで、普通に通える人は通い続けた方がいいですよ。いるだけで高卒の資格とれるんで。

・ 高等学校卒業程度認定試験とは?

毎年8月上旬と、11月中旬に実施される試験。16歳以上なら受けられるが、合格の効力が発揮されるのは18歳になってから。合格すると、大学の受験資格を得られる。合格しても、最終学歴は中卒なので注意。試験は、4択のマークシート方式で、4割が合格ラインとされている。合格には8科目合格する必要があるが、1度に全て合格する必要はない。合格した科目は、次から免除される。


では、これから1発で合格したい人に向けて、オススメの勉強法を紹介していきます!


・国語の勉強法

f:id:hiropones:20190408171753j:plain
私が受けたときは、現代文の配点が50%、古文・漢文がそれぞれ25%で合計50%でした。んで、合格ラインが40%なんで、現代文で満点取って古漢は無勉でどうにかなるだろうって感じで受けました。で、結果的にはB判定で受かりました。高認の現代文は、日本人なら誰でも満点取れるくらい簡単なんで、古文漢文が苦手な人はまるまる捨てても問題ないです。でも、大学受験を視野に入れてる人は、勉強しといて損はありません。


・数学の勉強法

f:id:hiropones:20190408171811j:plain
数学の範囲は、ほとんど高校1年で習う範囲です。しかも、各大門で使う公式は毎年同じ!なんで、過去問を3年分くらい解いて傾向をなんとなく掴むのが非常に有効です。私は、試験前日に過去問を3年分解いた以外勉強してませんでしたが、B判定で受かりました。レベルは黄チャートの例題レベルですかね。公式と解き方は完全にパターン化してるんで、過去問を繰り返しとけば必ず受かります。


・英語の勉強法

f:id:hiropones:20190408171828j:plain
英語に関しては、中学時代にめちゃくちゃ出来たんで「余裕で受かんだろw」と高をくくり、無勉でした。で、試験を受けた結果、全くわかりませんでした。それでも何とか合格は出来たわけですけど・・・。体感としては、ターゲット1900などの単語を500コくらい覚えてれば大丈夫だと思います。長文は、単語の意味がわかれば読めるんで、対策する必要ありません。大学受験をする人は、どうせ単語帳を覚えることになるんで、早めに覚えてた方がいいです。単語ゲーです、正直。レベルはセンター英語を20倍くらい水で薄めた感じです。


・世界史の勉強法

f:id:hiropones:20190408171845j:plain
世界史は範囲が広いんで大変です。とりま、教科書を通しで読んで、大まかな流れをつかみましょう!で、ある程度分かったら、センター世界史Aの過去問を読んで、半分くらい分かったらオッケーです。受かります。


・日本史・地理の勉強法

f:id:hiropones:20190408171909j:plain
地理はA・B好きな方を選べますが、Aが超絶オススメです!なぜなら、私は無勉で受験して、A判定で合格したから。資料の読み取り問題が中心なんで、前知識はほぼ必要なかったです。正直、受けた科目の中で1番簡単でした。

で、日本史なんですが、こちらは無勉だと終わります。勉強法としては、日本史の教科書を通しで何回も読む、ってのを繰り返すのがいいと思います。(オススメは山川出版ですが、どこでも大丈夫です)で、ある程度歴史の流れが理解出来たら、もう大丈夫です。受かります。こちらもセンターと比べると死ぬほど簡単なんで、気楽にやって大丈夫ですよ~。マンガ「日本の歴史」を図書館で読む、ってのもいいかもしれません。


・現代社会の勉強法

f:id:hiropones:20190408171928j:plain
これも日本史と同じで、教科書を何回か読む、ってのがいいと思います。現社は常識問題で解ける科目でもありますが、私は1問もわかりませんでした。他の科目と比べると教科書も薄いんで、気楽な感じでいいと思います。


・理科の勉強法

f:id:hiropones:20190408171948j:plain
私は、「理科総合A」と「生物」で受験しました。今は「理科総合」が「科学と人間生活」に代わってるみたいです。で、理科総合Aは死ぬほど簡単でした。無勉で受験したのに、受けてる最中「こりゃ受かったわw」という確信があったほど。範囲は「物理・科学・生物・地学」が各5問ずつとかだったと思います。範囲が広い分、答えが推測でわかるくらい簡単だったんで、すごく良心的!多分、問題の傾向は大して変わってないと思うんで、「科学と人間生活」を受けるのはオススメです。


で、生物を受けて思ったのは、基礎問題が解ければ大丈夫ってこと。本屋で薄い基礎問題集を1冊やれば、余裕で受かります。他の物理とか科学も似たようなもんじゃないでしょうか。



以上が、1発合格するための勉強法です。別に1発で全て合格しなくてもOKなんで、気楽な感じで大丈夫です。当日は拘束時間が長いんで、体力との勝負でもあります。ちゃんと勉強してれば余裕で受かる試験なんで、安心してください。ってことで、ドラゴン桜の桜木の言葉を送ります。


「がんばれ!がんばれば、必ず望みは叶う!」