ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【タバコレビュー】アメリカンスピリット・ペリック

f:id:hiropones:20190414180243j:plain



はい、ど~も~。

 

本日も、STVラジオから全国ネットでお届けしている松山千春の”オン・ザ・レイディオ”。  ・・・・なんつってな!! がははははははははは!!!

(※筆者は酔ってません。根の変態性が高いだけです。)

 

今回は、アメスピ黒の紹介だよ!!!

 

 20本入り。タール9ミリ、ニコチン1ミリ、520円。

 2009年6月1日発売。

 

アメスピといえば踊る大捜査線。織田裕二がタバコを吸ってるシーンは繰り返し見ましたわ。あの火の付きにくいアメスピに一瞬で火をつけるところは地味にすごい。

 

んで、このタバコはペリック(タバコ葉をウイスキー樽で発酵させたもの)を使ってるらしいです。箱を開けると独特の酸味が利いた香りが漂います。味ですが、火をつけると普通のアメスピとあんまり変わりません。

 

ゆうて、私は味音痴なんでわからないだけかもしれませんがね!!

(そんなんがレビュー記事なんて書くなや)

 

ただ、ライトなどと比べると、若干クセがあるように思えたので、万人受けはしないでしょう。常煙するタバコでもないと思います。

 

 あと、無添加で体にやさしいイメージがありますが、喉へのイガイガ、ニコチン量などは結構きつめでありやす。喫煙所でスパスパや手軽なニコチン補給には向いてません。系統的には葉巻に近いのかもしれません。