ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【失敗談】ブラック農家で短期の住み込みバイトをした時の話

f:id:hiropones:20190501154639j:plain



みなさんは、農業をやりたいと思ったことありますか?数年前にハガレンの作者が「銀の匙」というマンガを連載して、それが映画化したりして話題になりましたよね。

流行に秒で流される私は、20歳の頃その映画を観て「俺も農業やりたい!」と思い、農業の短期バイトを始めました。「人が温かくて、飯がうまくて、景色も空気も綺麗なんだろうな!」と夢を膨らませて住み込みの準備をしてたわけです。

結果、3週間後地獄のような環境から逃げるようにして家に帰りました。今回はその体験談を書いていきたいと思います~。


・行った先がブラック農家だった悲劇

最初に誤解のないように言っておきますが、世の中の99%の農家の方々は優しい人だと思います。んで、私はそのわずか1%に当たってしまったわけであります。

まずは、農業の求人サイトで希望のバイト先を見つけました。有名どころの下記のサイトですね。
農業・酪農求人サイト|あぐりナビ
農業求人サイト|農家のおしごとナビ


応募したのは「短期で住み込みOK」の場所。住み込みの理由は、知らない場所で生活したかったからです。で、応募すると即OKが出たので、住み込みの準備をしてバイト先まで移動しました。大体は最寄駅から家まで離れていることが多いため、車で迎えに来てくれることが多いようです。

私がお世話になった農家は、30代の夫婦が経営している場所で、小さい子供がいました。・・・まだ普通ですよね。この時点で私もそう思いました。最初はいい人でホワイト農家だったんですが、徐々にブラック化していきました。

・きつ~い作業内容

1日の大まかな作業内容がこちら。

5:00 起床&仕事開始 → 7:00 朝食 → 8:00 仕事 →12:00 昼食 → 13:00 仕事 →17:00 終わり&自由


春だったんで、ネギの収穫がメインでした。これが、まあキツい。大型のスコップで畑の土を掘り起こすので、全身の筋肉を使います。で、日差しが強いこともあり、日焼けするわ、熱中症になりそうだわ。

で、スコップで土を掘り起こす→一輪車にネギを積んで運ぶという単純作業を午前中の4時間行うわけです。疲れるし、飽きます。で、午後は集めたネギの皮をむいて、余分な場所を切って、製品にする。これをまた4時間行います。

何が一番つらいか?というと、私と研修生(入ったばかり)の2人しか人材がいないことでした。それで、毎日過剰なノルマを課されて作業してたわけです。これだけなら、まだ許せる範疇だったんですが、ここがブラックたる所以は肉体面&精神面をつぶしにきたことです。

・人の温もりなど皆無

よく「田舎は人が温かい!」と言われますが、半分真実だと思います。私は、色んな田舎にお試し住宅を借りて住んだことがありましたが、地域に寄りけりです。よそ者WELCOME!な地域はみんな親切ですし、閉鎖的・排他的な地域はよそ者に冷たいです。

で、その農家の地域はもちろん後者でした・・・。村人とかも、基本こちらを無視していて、歩いて横を通り過ぎる時もそっぽを向いて足早に通り過ぎます。景色は田舎なんで綺麗でしたが、反対に人間の内面が腐ったように汚れていて、そのギャップがすごいと思いました。

・プライベートも皆無

2階の部屋が自由&寝る部屋でした。で、研修生(男)と同部屋だったんですが、馬が合わないんですよ。これが何を意味するかというと、地獄です。


仕事がきついんで、終わった後が唯一の憩いの時間になります。でも、同部屋で気の合わない野郎とずっと顔を合わせてなければならないんで、気が狂いそうになります。

農家の人と共同で暮らすから気を遣うし、自由な空間は無いし、もはや生き地獄です。だんだん病んでくるのが、自分でも自覚できました。

・人を使い捨ての歯車扱い

ブラック企業の伝統芸なんですが、この農家もご多分に漏れず、人を使い捨ての駒扱いしてました。私と研修生の2人しかいないのに、明らかに過剰な労働ノルマを課してきなさる。当然時間内に出来ないわけですが、「お前らがとろくさいから終わんねぇんだ!」と激昂。


主人がそうなら妻もそうで、たまに作業を拝見されにやってきては、「もっと真剣にやれよ。遊びじゃねんだよ。」などの有難い激励の言葉をくださいました。タチの悪いことに、ぼそぼそ声で長時間激励されるのです。で、「お前らの代わりはいくらでもいるんだから、いつでも辞めていいんだからな!」という名言まで頂きました☆(やったね!)

恐ろしいことに、ずっと居るとその環境に慣れて、それが普通だと思ってしまうんですね。ブラック企業で働いてる人の気持ちがよく分かりました。

・嫌気がピークに達して逃げ出す

本当は1か月いるはずだったんですが、3週間目辺りで逃げました。で、ようやく正気に戻ったんですよ。「・・っは!!俺は一体何をやってたんだ!?」と。給料は消えましたが、毛ほども後悔はしてません。

むしろ、もっと早く逃げ出してればよかったと思います。精神やられたら、それこそ動けなくなるんで。現在ブラックな環境にいる人は、さっさと辞めましょう。その後の生活は何とかなります、マジで。

・体験談は当てにならない

現在その農家のHPを見たら、夫婦そろって邪悪な笑顔を浮かべて写ってました。体験談も捏造?されたかの如く、いい事しか書いてありません。2ちゃんのひろゆきが前に言っていた通り「ウソをウソと見抜けない人だと、ネットを使いこなすのは難しい」です。

と言っても、ネット上でブラックかホワイトか見極めるのは難しいですよね。もしブラックに当たってしまったら、すぐに逃げましょう。それが、私が今回の体験で得た教訓です。