ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【映画レビュー】『愛しのローズマリー』(5/5点)

f:id:hiropones:20190723205301j:plain



はい、ど~も~。


みなさんは、ネットフリックスやHuluなどを利用しているだろうか?私は、金がもったいないと思う派なんで入っていない。だが、少し前に無性に映画が見たくなり1か月の無料体験を申し込んだ。(もちろん1か月で退会)


んで、見たうちの1つの『愛しのローズマリー』を今回レビューしていきます~。


・あらすじ

主人公は、ジャケットのデブのおっさん。このおっさんは今まで、父の遺言で美人ばかりを好きになってきた。ところが、ある日催眠術を使える男に催眠をかけられ、「内面の美しい女性が美人に見える」という状態になる。


で、ジャケットの美人、ローズマリーに恋をする。実はローズマリーは内面は美人だが、デブでブスという悲劇的な外見。はたしてこれからどうなっていくのか?というドタバタコメディ。

・笑い、感動、恋愛、いろいろ詰まってる

この映画のメッセージは「人を外見で判断するな、内面で判断しろ」っていうシンプルなもの。台本がクソだったり、演技が大根だったらただ説教じみた駄映画になってるはず。


ところが、でしたわ。おっさんの演技力が高くて見ててずっと飽きないし、ローズマリーがかわいいんで画面に釘付け。何といっても、”古き良きアメリカ”という雰囲気が画面から伝わってきました。(いうて20年前だけど)


物語を通して、大きな優しさに包まれてるんで、見終わった後にほっこりした気分になれます。私はタダで見たけども、映画館で2千円払って見ても全然損はしないというレベルの傑作だと思った。