ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【超初心者向け】Pythonの基礎文法(リスト型・関数・引数・ローカル変数・例外処理・モジュール)

f:id:hiropones:20190820233423j:plain



Hey guys!!



今日は、引き続き基本的な文法を紹介していくZE☆
用意はいいか?メ〜ン!?

(なんかめちゃくちゃ偏差値低い入りになったけど、本文も低いんで安心してちょんまげ)




・リスト型と辞書型

リスト型は文字や数値を複数入れられます。

>>> hatenas= [1, 2, 3, 4, 5, 6]
>>> odd = [ ]
>>> even = [ ]
>>> for  hatena in hatenas:
・・・    if hatena % 2 == 1:
・・・        odd.append(hatena)
・・・    elif hatena % 2 == 0:
・・・        even.append(hatena)
・・・
>>> print(odd)
[1, 3, 5]
>>>print(even)
[2, 4, 6]


辞書型ではkeyに対応する valueを持ちます。

>>> hatena = {'a' : 1, 'b' :2}
>>> hatena['c'] = 3
>>> hatena
{'a': 1, 'b': 2, 'c': 3}
>>> for key, value in hatena.items( ):
・・・   print(key, value)
・・・
a 1
b 2
c 3

・関数の使い方

関数は何回も同じ処理をするときに楽です。

>>> def hatena( ):

・・・    print('nice burogu')

・・・

>>>hatena( )

nice burogu

>>>hatena( )

nice burogu

 

 

・引数

 

>>> def hatena(name):

・・・   print('Hi, { }'.format(name))

・・・

>>>hatena('utamaru')

Hi, utamaru

>>>hatena('enraku')

Hi, enraku

 "utamaru" "enraku"が引数で、nameに渡されます。
 

・返り値

returnを使うと、関数内の処理を関数外に渡せます。

>>>def hatena_burogu(name):

 ・・・   burogu = 'Hi { }'.format(name)

 ・・・   return burogu

・・・

>>>print(hatena_burogu('takao') )

Hi takao

>>>print(hatena_burogu('yamada'))

Hi yamada

>>>for name in ['koyuuza', 'kouraku', 'syota']:

        print(hatena_burogu(name))

Hi koyuuza

Hi kouraku

Hi syota

 

・ローカル変数

>>> def make_num( ):

・・・ num = 1

・・・ print(num)

・・・

>>> make_num( )

1

>>> print(num)

エラー発生

※変数が関数の中からのみ参照できるローカル変数になっているため。

 

>>> num = 10

>>> def hatena_num( ):

・・・   local_num = num + 10(ローカル変数には10を足します)

・・・   print(local_num)

・・・

>>> hatena_num( )

20

>>> print(num)

10(ローカル変数の外なんで、10のままです)

 

・例外処理

例外処理を行う箇所はtry構文に書き、例外を処理する部分はexcept構文に書きます。

>>> def hatena(num):

・・・ try:

・・・   add_hatena=num+1

・・・   print('add_hatena is { }'.format(add_hatena))

・・・   return add_hatena

・・・ except:

・・・      print('Error')

・・・
 
>>>hatena(4)

add_hatena is 5
5
>>>hatena(よん)
Error

 

・モジュール

[hatena.py]

def hatena_to(name):

      print('hello { }'.format(name))

 

>>>import hatena

>>>hatena.hatena_to('kanta')

hello kanta

 

>>>from hatena import hatena_burogu

>>>hatena_burogu("kanta")
hello kanta

importの後には、.pyを除いたファイル名を書きます。で、
「ファイル名(.py抜き).使用したいメソッド(変数)」という風に実行すると表示されます。


・・・・・まとめ・・・・・
説明むずかしぃ〜。