ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【超初心者向け】0から始めるRuby on Railsおすすめ勉強ルート〜Railsチュートリアル終了まで〜

f:id:hiropones:20190823113554j:plain



はい、ど〜も〜。



突然ですが、「プログラミングを始めたい!」という人いますか〜?今回は、始めたいけれど何をやっていいかわからない、という人向けに書いていきます。


それと、対象はRuby on Railsなんでそれ以外の言語を始めたい人にはあんまり参考にならないかもしれません。目標は、プログラミング経験なしからツイッターのクローンを作れるようになる(Railsチュートリアル終了)までなんで、全て終えられれば中級者レベルにはなれます。


では、早速見ていきましょー。


・1、Progateで基礎固め

まずはこのサイトで基礎を固めます。全ての教材を使うには月額980円払わないと出来ませんが、是非払っておきましょう。980円でここまでコスパのいい教材は他にないので、1ヶ月で集中して終わらせるのがいいです。

prog-8.com


HTML&CSSはどの言語を始めるにしても必要になるんで、これから始めましょう。道場コースってのがありますが、これは難しいんでやらなくてもいいです。なんとなくプログラミングの仕組みがわかるまで2〜3周するといいです。
f:id:hiropones:20190823114104j:plain


Rubyは簡単ですぐ終わりますが、大事なんでこれも体にコードを刻み込むように2〜3周しましょう。ちなみに、1周目は答え見ながらコピペでもいいです。
f:id:hiropones:20190823114136j:plain 


お次はRailsです。これは上の2つと比べると難しくなるんで、完璧に覚えるつもりでやると挫折します。なんで、わからなければすぐ答えを見る→コピペでいいと思います。Railsの全体像を掴むのが大事なんで、これも繰り返し何周もしましょう。
f:id:hiropones:20190823114150j:plain

2、ドットインストールを使う

https://dotinstall.com/lessons
紹介しといてなんですが、こっちは別にやらなくてもいいです。時間がある人や興味のある人はやりましょう。こっちも月額980円取られますがコスパはいいんで、やはりおすすめです。



・3、Railsの教科書を読む

igarashikuniaki.net

こちらは簡単な画像アップデートアプリの作り方が書いてあります。仕組みなども初心者向けでわかりやすいんでおすすめです。

・4、Rails Girlsを読む

Rails Girls - Japanese

こちらは女性でも安心!サラサーティコットン100な記事になってます。わかりやすいんですが、字ばっかりだし途中から英語になるし、で割と微妙ではあります。合わなければすぐ止める、という気持ちでやるといいかもしれません。

・5、2chのクローンサイトを作る

cyllabus.jp

こちらは2chの簡易的なクローンの作り方が書いてあります。やはり、作成物が増えるとテンション上がるし、技術力も上がるんでぜひ作っておきましょう。

・6、リアルタイムチャットアプリを作る

youtu.be

こちらの動画ではリアルタイムでチャットができるアプリを紹介してます。リアルタイムチャットの仕組みを紹介してる無料記事&動画はなかなかないんで、是非見ておきましょう。

・7、Railsチュートリアルを読む

railstutorial.jp
チュートリアルはprogateが終わった時点で読んでもいいんですが、やはり難しいです。プログラミングにある程度慣れてから読まないと一瞬で挫折する魔力を持ってます。


まず第1章からGitの使い方、Heroku、Cloud9を使う、など初心者を全力で潰しにきます。特に私は記事の説明だけでGitがわからず、挫折しました。

この本のおかげでようやく理解できたんでおすすめ。


こちらも完璧に覚えようとせず、何度も読み込むのが大事ですね。

・終わったら何をすればいいか

ここまで出来れば、自分でアプリ作ってポートフォリオにまとめ、転職&就職できると思います。でも、いきなり会社に入るのは不安だ!という人におすすめのものがあります。

・Techpit

www.techpit.jp
このサイトでは教材を売ったり買ったりできます。なんで、自信のある人は
ここで自作のアプリを売ってみましょう。逆に、自信のない人は何か買って作ってみるといいです。個人的には「Tinder」風アプリが作ってて面白かったです。

・プロを目指す人のためのRuby入門


こちらはRubyについて詳しく記載されてます。プロを目指すならば必読なんで読んでおきましょう。

   

・現場Ruby


今まではerb形式で書くのが普通だったんですが、この本はslim形式で書かれてます。現場では読みやすいコードのslimが一般的だそうなんで、こちらもやっておくといいかもしれません。