ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

Python初心者がDjangoGirlsでアプリを作る日記〜その1〜

f:id:hiropones:20190823175032j:plain



はい、ど〜も〜。



みなさん、Djangoは知っているだろうか?pythonのフレームワークの1つで、様々なアプリを作ることができます。今回は、python初心者の私が「Django Girls」というサイトを使って、目標物を作るまでの過程を書いていきます。


もし、これから学ぶ人がいたらペースメーカーにしてくらはい。



・DjangoGirlsチュートリアルとは?

プログラミング初心者向けに、1つのアプリを作ってみるサイト。今回は、このサイトを参考にしてアプリを作りたいと思います。

https://tutorial.djangogirls.org/ja/

・ディレクトリを作る

まずは、ディレクトリを作ります。

$ mkdir ディレクトリ名
$cd ディレクトリ名

・仮想環境を作る

仮想環境は必ずしも作る必要はありませんが、作った方がいいっぽいんで作ります。

$ python3 -m venv myvenv

myvenvの部分が仮想環境の名前で、自由に決められるそうです。

そして、以下で仮想環境を起動します。このコードは仮想環境に入るときに必要なんで、覚えておきたいコード上位に入ります。

$ source myvenv/bin/activate

これで、(myvenv)という文字がプロンプトの最初に表示されます。

・Djangoのインストール

特に掘り下げるところも無いんで省略。

・プロジェクト作成

早速プロジェクトを作っていきます。

$ django-admin startproject mysite .

作成されたmysite/settings.pyのなかでタイムゾーンを変更できるようです。

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'
LANGUAGE_CODE = 'ja' (言葉の変更)
STATIC_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, 'static')(静的ファイルのパスを追加)

・データベースのセットアップ

sqlite3を使うようで、設定はデフォルトでされてるよう。

$ python manage.py migrate

これでブログのデータベースができました。うまくいくと、いろいろ出てきて・・・OKと出てきます。

・サーバーを起動

以下のコマンドでサーバーを起動できます。Railsはrails sで起動できるんで、こっちの方が少し面倒です。

$ python manage.py runserver

したら、以下のurlで起動できたか確認。

http://127.0.0.1:8000/

f:id:hiropones:20190824212600p:plain

無事に起動できました!わーいわーい。

・ブログアプリを作る

$ python manage.py startapp blog

アプリを作ったことをDjangoに教えるために以下を追加。

[mysite/setting.py]

INSTALLED_APPS = [
        'blogs',   (これを追加)
]

・ ブログポストモデルの作成

blog/models.pyにModelを全て定義するよう。ここの説明は長いんで省略。

・作ったモデルをデータベースに追加

モデルの変更をDjangoに知らせるために以下コマンド。

$ python manage.py makemigrations blog

以下コマンドで移行ファイルをデータベースに追加。

$ python manage.py migrate blog

・管理ユーザーを追加

サイトの管理ユーザーを作ります。

$ python manage.py createsuperuser

入力欄が出てくるんで、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。

http://127.0.0.1:8000/admin/

で、ここにアクセスして先ほどの名前とパスワードを入力します。すると、ポストを作れるのでいくつか作ってみよう!だそうです。PostsのAddを押して、てきとーに追加。
f:id:hiropones:20190824221358p:plain
でけたー。

「そろそろコーヒーでも飲みなよメ〜ン!?」と書かれてるんで、今回はこの辺でやめときます。