ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

カレー野郎がインド料理『アイキッチン』を本音でレビュー【茨城県守谷市】

f:id:hiropones:20190907144726j:plain




・開放感あふれる店内

f:id:hiropones:20190907144316j:plain
開店して間も無く行ったんで、店内は開放感あふれるくつろげる空間になってました。レジのところにお香が焚いてあり、インドのテレビも流れていて、インド感満載でした。


f:id:hiropones:20190907144353j:plain
ライスとナン両方食べれるということでBセット(チキンカレー)を注文。ラッシーが150円と安いんで合わせて注文します。インドカレー屋の真価はカレーではなく、ラッシーがうまいか否かで決まります。


この世は、カレーの真髄はラッシーにかかっているのだよ、レオリオ!!(暑いんで、記事の書き方も適当になっております)

・Bセット(チキンカレー) 800円

f:id:hiropones:20190907144446j:plain
まず、ナンですが、見た目通りの味です。「ナンだな〜」という味でした。で、あたくし結構食べるのが遅いんですが、途中からナンが固くなってしまいました。なんで、粘土のような食感になってしまいました。


ここで「2つの食感が楽しめてラッキーだぜ!」ととるのか、「ふざけんな!こんな固えナン食わせやがって!2度と来るか!」ととるのかという人間の真価を問われるわけです。流石はガンジス川を超えてやってきただけあります。

鶏肉&コメ&サラダはとっても普通だったぉ☆


f:id:hiropones:20190907144528j:plain
ラッシーはサッポロビールに入ってます。んで、このラッシー、味が飲むヨーグルト?でした。固形と飲料の方を混ぜたような味です。ラッシーって独特の味なんですが、こちらは日本に染まった味わいになっておりました。


f:id:hiropones:20190907144557j:plain
カレーは食感が粉っぽい?というか独特だったんですが、味はバーモントのよふでした。あえてインドに寄せずに日本の家庭的な味にするってところは賞賛に値するだろう。(誰やねん)

・アクセス

戸頭駅の近くなんでわかりやすいです。