ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

【タバコレビュー】ウィンストン・キャビン・レッド・8・100s・ボックス

f:id:hiropones:20191218212150j:plain
はい、ども。


他の人のタバコ記事を読み漁っていると、「キャビンのローストがうまいぜよ」と書いてあったんで、試しに買ってみました。ちなみに、キャビンのロングを買うのは今回が初めてです。


f:id:hiropones:20191218212214j:plain
タール8ミリ、ニコチン0、7ミリ。450円なんで、安いほうですね。

・苦味強め

ローストブレンドらしく、吸った後に口の中がかなり苦いです。煙自体はラークのクラシック・マイルドみたいに甘いです。ただ、後味はこっちの方が苦味が強い。


ラークのようなチョコレートフレーバーのタバコが好きな人はハマると思いますが、セブンスターやピースみたいなバニラフレーバーに慣れてる人は結構ビミョーじゃないでしょうか。


というのも、JTのタバコはバニラフレーバー系はかなりのクオリティの高さで、雑に吸おうが丁寧に吸おうがコクとまろやかさを感じられます。


ですが、これはうまく吸わないと口の中がおっさん臭くなるだけのタバコなんで、癖が強したかしです。後、ロングだからかどうか知りませんが、時折煙に深みが足りなく感じられます。


値段が安い方で、このクオリティだったら全然ありだと思いますが、私はもう買わないかなーと思いました。