ゆる~くだらだら

日常の思ったことをてきと~に書くブログ

家にあるタバコのなかで美味さランキングをつけてみた

f:id:hiropones:20191218212339j:plain
はい、ども。


私はアイコスを買ってから、あまり紙巻を吸わない生活を送ってきました。ですが、最近「アイコスと紙巻の害は同じ」という記事や、たまにアイコスの煙じゃ満足できないという現象が起こるんで吸ってる次第です。


で、現状家に5つのタバコがあるんで、ランキングを独断と偏見でつけていきます。ということで、カウントぉダウン!!

・5位 キャメル・ボックス

f:id:hiropones:20191218212402j:plain
ぶっちぎりで最下位なのがこの子です。タバコサイトのレビューなどでは結構評価されてるんですが、私の口には合いませんでした。


私は不味いタバコの代表格だったエコーを吸っても、特に不味いとは思わずに吸ってました。ですが、これに関しては堂々と言えます。不味い、と。


感想については別な記事で書いてるんで、読んでください。とにかく、タバコの屑葉を集めて紙に巻いただけのような味が受け付けません。

・4位 キャビン・ロースト・8ミリ

f:id:hiropones:20191218212442j:plain
多分、正式名称は違いますが、普段呼んでる呼び名で書きます。これも美味いっちゃ美味いんですが、この中では4位です。私はチョコレートフレーバーがあんま好きじゃないんで、低い評価になってしまいました。


キャビンといえば、SMAPの中居正弘が吸ってたイメージです。今思うと、キャビンの味が好きで吸ってたわけじゃなく、トレードマークとして赤い箱のタバコを持ってただけのようにも思います。

・3位 ハイライト

f:id:hiropones:20191218212505j:plain
ハイライトといえば、アカギやこち亀の両さん、ちびまる子のヒロシが吸ってたイメージです。THE・昭和というか。戦後の高度成長を支えたタバコということだけあって、ラムの匂いにどこか哀愁が漂います。


セブンスターやハイライトなど、昔の人って体が丈夫だったんですね。今じゃ考えられません。キャビンは脅迫文の部分も赤いんだから、これも青くしろよ!と思います。結局、国のやることはクソですね。


喫煙所減らして、脅迫文強調するくらいなら売るな!と思うのに売るし。国民の健康のためとか言ってタバコ税上げまくってますが、結局は税収あげるのが目的ですし。高くなれば吸う人減って、結果税収減るわけですよ。何がしたいのか全く不明です。

・2位 マルボロ・ヒートスティック・ミント

f:id:hiropones:20191218212542j:plain
私が普段吸ってるものです。そもそも紙巻と競うのは場違いな気もしますが、まあタバコなんでありでしょう。前はメンソールを吸ってたんですが、人工的なメンソールが強くて好きになれませんでした。


これはメンソがあまり強くなく、吸いやすいんで吸ってます。オレンジ色のもたまに吸いますが、結局定まりません。加熱式はまだ発展途上だと思うのですが、最近停滞してる気がします。

外に持っていくと、失くすのが嫌だし、なんかの衝撃で壊れるのが嫌なんで、家の中だけで吸ってます。逆に、外では紙巻しか吸いません。見事な分煙ですね。(どないやねん)


・1位 セブンスター

f:id:hiropones:20191218212609j:plain
箱がダサくなってしまった、タバコ界の王者ことセブンスターくん。アイコス買うまではあまり吸ってなかったんですが、今はセブンスターばかり吸ってます。というのも、アイコスとの違いが大きいのがセブンスターだから。


私はアイコスのメンソ系フレーバーの味が嫌いです。で、ミントを吸ってるんですが、これは紙巻にすると5ミリくらいの強さ。なんで、たまに普通の味の重量感ある煙が吸いたくなるんですよね。セブンスターやハイライトがそれです。


やはり、ここまで煙がしっかりしてると「タバコ吸ってるぜ!」という感じがします。煙の量が割りかし多いのも、ケムリニストたちから評価される由縁じゃないでしょうか。

・まとめ

現状だと、紙巻の方がタバコ感が上。個人的な話ですが、今家にあるタバコを吸い終わったらタバコやめようかと考えてます。何故だかわかりませんが、最近「タバコ美味えなぁ〜」という瞬間があまりありません。


愛煙家通信という記事がネット上にあるんですが、ここには愛煙家や、吸ってないけど愛煙家の立場で記事を書いてる人がいます。この記事を読んで、感動しました。詳しくは読めばわかります。問題は、タバコそのものにあるんじゃなくて、その人間の内側にあるんだと理解できました。